2020.04.15

「Folding@home」の新型コロナウイルス解析プロジェクトへサーバーを提供

KDDIのクラウドエンジニア エキスパートの加藤 真人です。

新型コロナウイルス感染症により、亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方、不安で辛い日々を過ごされているすべての皆さまに心からお見舞い申し上げます。

現在、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスですが、分散コンピューティング環境を活用し、分子動学シミュレーションを行う事により、新型コロナウイルスの解析、治療薬の開発に貢献するプロジェクトが開始されております。
 

 
KDDI クラウドプラットフォームサービスでは、この取り組みに理念に賛同し、お客さまへ未提供のハードウェアリソースを活用する事で、「Folding@home」で実施中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のタンパク質構造解析プロジェクトへ参加させて頂くことにいたしました。
 

 
KDDI クラウドプラットフォームサービスでは、IaaS、ベアメタルサーバーサービスを提供しております。このサービスで未提供なリソースを制御し、本プロジェクトに提供する事で貢献させて頂いております。お客さまのご利用に影響のない範囲で提供しており、サービスでの利用が発生した場合には、優先してご利用頂けますよう制御しておりますのでご安心下さい。

感染拡大の早期収束と、皆さまが一日も早く日常生活を取り戻せるよう、関係者一同心より願っております。
 

※本取り組みは、KDDIホームページの「法人のお客さま向けトピックス」にも掲載されております。
 

カテゴリ
タグ

KDDI株式会社 サービス企画開発本部
プラットフォーム技術部

加藤 真人

新着記事
タグ
アーカイブ
カテゴリー
TOP