2014.12.18

「TBS x KDDI Google Drive for Work でテレビ番組制作を支援! 」 Inter BEE 2014 レポート

Google Drive™ for Work ( Google Apps™ Unlimited) 担当の石井です。
先日11/19(水)〜21(金)の3日間、幕張メッセでメディア業界向けの展示会「Inter BEE 2014」が開催され、KDDIもTBSテレビと共にプロジェクトを推進しているクラウドを活用した番組支援ツール ”BooBoクラウド ”について共同でブース出展を行いましたのでレポートします。

図1

「Google Drive for Workでテレビ番組制作を支援!」

このブログでもご案内した Google Drive for Work ( Google Apps Unlimited )はこれまでの Google Apps for Work の機能に加え、 Gmail 、 Drive などのストレージ容量を無制限に、そしてアーカイブ/監査機能である Google Apps Vault の機能をさらに強化し包含した強力なビジネス向けクラウドサービスです。

Google Drive for Work icon
KDDIはその Google Drive for Work を活用しTBSテレビが実証実験を進めている 「BooBoクラウド」の開発プロジェクトに参画しており、今回このInterBEE 2014の出展ブースで具体的なシステム構成やデモ環境を含め紹介させていただきました。連日各テレビ局関係者の方をはじめ多くのみなさまに来場いただいただけでなく、クラウド活用に関するメリットや課題など、たくさんのお問い合わせや質問もいただき、メディア業界のクラウド化に向けた非常にうれしい手ごたえを感じることができました。

図3

[TBSテレビとKDDIの共同出展ブース]
BooBoクラウドのシステム構成、説明動画やスマートデバイスでも利用可能なデモ環境でご案内

「クラウドプレビューシステム ” BooBoクラウド ”とは?」

さてこのTBSテレビの取り組みは初日の基調講演3 第二部 「IP・クラウドを活用した映像コンテンツプロダクション」と題したパネルディスカッションそして、ブース出展したInterBEE CNNECTEDエリアでの「クラウドを活用した番組支援ツール ”BooBoクラウド ”」と題したセミナーでも紹介されました。

基調講演第二部「IP・クラウドを活用した映像コンテンツプロダクション」

図4
[パネルディスカッション]
・株式会社TBSテレビ メディア戦略室 メディア戦略部 テクニカルプロデューサー大吉 なぎさ 氏
・グーグル株式会社 Google for Work クラウドプラットフォーム セールススペシャリスト奥 るみ 氏
・吉積情報株式会社 代表取締役社長 吉積礼敏 氏

Google Cloud Platform での開発エキスパートで ある吉積情報株式会社は「クラウドエース」としてサービス展開も行っている、 Google Cloud Platform の導入設計から、運用・保守までをワンストップで提供。また、本プロジェクトには高速ファイル転送サービス「STORM」を提供する株式会社ユニゾンシステムズも参画。

図5

図6

■InterBEE CNNECTEDエリアでの「クラウドを活用した番組支援ツール ” BooBoクラウド ”」セミナー

図8
InterBEE CNNECTEDエリアでの「クラウドを活用した番組支援ツール ”BooBoクラウド ”」セミナー
株式会社TBSテレビ 情報システム局 システム企画部 加藤 克行氏
KDDI ソリューション営業本部 メディア営業部 マネージャー 渡部 直子

まず今回のプロジェクトの背景ですが現状、テレビ番組の制作には多くの関係者が携わり、大容量の動画ファイルの受け渡しにDVDやUSBメモリなどの媒体を利用したり、それをバイク便で配送することもあるなど多くの手間と時間がかかっているそうです。そこでTBSテレビはそういった現状の課題解決に向け大容量動画ファイルをクラウドに一元化し、番組制作における動画チェックなどの作業もクラウド上で実施することで業務の効率化とセキュリティ向上を実現することを検討していました。
そこで着目したのが今年6月末に Google から発表された Google Drive for Work ( Google Apps Unlimited)です。そのストレージ容量無制限の Google Drive for Work をベースに、放送業界独自のファイルエンコード機能やエンドユーザにも使いやすいトップメニューなどを Google Cloud Platform 上で実現する形で効率的なシステム開発を進めています。現段階ではこのプロジェクトは実証実験の位置付けではありますが、「Find the WASABI 」 というアジア4か国共同制作の番組で実際に日本とマレーシア間での動画確認に試験的に利用し、”BooBoクラウド” によるセキュア且つ、スピーディな番組制作を体感したそうです。今後の本格的な利用に向けた動きが期待されますね。

「Drive for WorkでKDDIと共に ”Go Google”しませんか?」

今回のプロジェクトは Google Drive for work と Google Cloud Platform を活用することでこの実証実験の環境を約3ヶ月で立上げるという非常にスピーディーな対応を実現しています。まさに Google のクラウドサービスのメリットを最大限に活用した好事例ですね。KDDIとしては Google Drive for Work と合わせ、KDDIサテライトオフィスツールにより接続可能なIPアドレスやスマートデバイスを管理するなどクラウドでのさらなるセキュリティー確保にも貢献しています。そしてもちろん大容量ファイルの送受信に必要な固定/モバイルNWサービスやいつでもどこでも動画プレビューを実現するスマートデバイスを含め、提案からプロジェクト運営、そして導入までトータルでサポートさせていただいています。

最後になりますが、このプロジェクトではTBSテレビをはじめ参画メンバーが一丸となって、加速度的に進化を続ける Google のクラウドサービスを今回のプロジェクトにいかに有効に活用できるか?というポジティブなアイデアとアグレッシブな実行力で推進する様子を目の当たりにすることができ、私自身も非常にパワーをいただいています。この勢いを今回のInter BEE 2014でもきっと感じていただけたのではないでしょうか。メディア業界の方、そしてそれ以外の方でも Google Drive for Work を活用した各種クラウド移行について少しでも興味を持っていただいた方は、是非KDDIまでお声掛けください。また Google Apps セミナーも開催していますのでこちらも是非ご確認ください。今後も適宜、 Google Drive for Work / Google Apps for Work 活用した事例を紹介していきたいと思います。

Google,  Google Drive, Google Apps および Gmail は、 Google Inc. の登録商標または商標です。

カテゴリ
タグ

KDDI株式会社 ソリューション事業企画本部
クラウドサービス企画部

石井 匠

新着記事
タグ
アーカイブ
カテゴリー
Contact
TOP